HOME   »  人生の教科書
Category | 人生の教科書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の教科書:駿台英語講師竹岡先生の動画

・早く片付けてしまおうとしたらダメ。 じわじわっと入れる。
・生徒から難しい質問が出たとき、竹岡は車で1分の自宅に飛んで帰る。
膨大の資料の中から、説明にうってつけの資料を探し出すためだ。
・「好きだから身に付く」
・「何のために勉強するの?」
「教えるうえで一番大事なことはなんだと思いますか?」
「ごまかさないこと。
あと同時に辛抱もいると思うんですよ。」



最後の「ごまかさないこと」が最近自分に課している最大のキーフレーズです。
例えば、数学の証明でも、なぜそうなるんだろう?とか。
数学の記号でも、いつの時代から、誰が言い始めたんだろう?とか。
生徒から質問が出そうなところを普段から気にかけながら勉強しています。

そして、生徒の前で、難しい問題でもできるだけ真剣に向き合って
考え、解決できるよう努力しています。
まぁ時間の加減もあるので、全部が全部できませんが、できるだけ
向き合うように努力しています。
スポンサーサイト

「ドラえもん最終回」


http://www.geocities.jp/doctor_nobita/

自分の感情を大切にしたら、自分の感情を大切にしてもらえる。

鏡の法則、引き寄せの法則シリーズです。

以前、カウンセラーと話する機会がありまして
そのときに出た話題として、いじめの話がありました。
もちろん、現在当事者になっている方には
なかなか厳しい話であろうとは思いますが
「自分をいじめている人がいじめられる。
そして、自分をいじめている人がいじめる。」
という話でした。

いじめられている側は、いつもココが悪いアソコが悪いと
自分をいじめている状況が再現されている、と。
そして、いじめている人も、自分をいじめているから
それに類する状況を引き込んでいるということです。

ではこの解決策は何かといえば、
自分を大切に扱うことでしょう。
自分の感情にできるだけ素直になる。
やりたくないならやらない。
え?それで永遠にやらなくなったらどうするの?
やりたくなる時が来ます。自然に。
え?ほんとに永遠にやらなくなったら?
趣味程度の話なら別にそれは
本当にやりたいことじゃなかったんだね、と。
そういうことです。

無理してないように見える人はたいがいこの生き方
なんじゃないかと思う昨今なのです。

これがいわゆる紳助動画



これは、相当、見てます。
たぶん100回は見た。マジで。
回数じゃないわ、って言われたら言い返す言葉はないけど。

いわゆる紳助動画は、この動画以外にも14編
ちまたに流れています。
その中でもお気に入りがこの動画。

自分ができることと、
世の中の流れを
きっちりとおさえる。
これを聞いてから人生を考え直すきっかけになりました。

なぜ一発屋が一発屋で終わるのか。
その答えを的確についています。

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
(2009/09/01)
島田 紳助

商品詳細を見る

本も売ってるようですが、これは
動画で見た方が絶対にいい。
なぜか。それはbookoffで実際に購入してみたけど
ぴんと来なかったから・・・。

人生の教科書「原因と結果の法則」

本の中で、よかったと思える本を上げてください、という
企画はあちこちであり、その中で良く出てくる本として

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー

商品詳細を見る

とか

道は開ける 新装版道は開ける 新装版
(1999/10)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る

とか

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと
(2004/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る

とかはベタで、結構取り上げられますが、
上にあげた人たちがこぞって取り上げる「いい本」が
「原因と結果の法則」。

「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
(2003/04)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る

これはわりと効き目の分かる本です。

特に自分の今いる場所は自分の考えの積分値だ、
というのには納得です。
かれこれ10年医療機器って言い続けたら
なんだか手術支援機器開発することになりそうですし。
自分に足りない部分、あるいは誤った考え方を
ただすことの重要性を説いてあります。

僕がぐちゃぐちゃ言ったところでこの本にはかないません。
本を読まずに1週間ぐらい過ごしてからまた読み直すと
「新たな発見」が毎回あります。しかも驚くくらい的確に。
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。