HOME   »  就活のきろく
Category | 就活のきろく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BtoB企業は調べておいて損はないですよ!

(就活のこと、一気に書き上げます。

僕たちはえてして、CMで聞いたことのある企業=大企業&有名企業
という認識になりがちです。まぁ仕方ないんです。
でも、就活のときに考えることは皆同じで、当然そこに集まる募集は
殺到するわけで、倍率も上がるし、そしてその影響で
学歴が重視されるような採用プロセスになったりします。
それはある意味で仕方のないことだとも思います。
意図的に最初から学歴「だけ」を見ているのであれば賛成しませんが。

しかし、BtoB企業まで目を広げれば、少なくとも倍の選択肢が出てきます。
それはとても精神衛生上よいことかと思います。
たとえはよくないでしょうが、受験のときにすべり止め校を設定するようなものですね。
BtoBのいいところ
http://careerpark.jp/2207?page=2
BtoB一覧が(電気の企業を確認した限りで)結構まとめてあるサイト
http://d.hatena.ne.jp/freecoffee/20121018/1350592189
企業一覧の調べ方は開拓してください。
たとえば日本信号
これもまさにBtoBの知られざる優良企業かと思います。

「シェア 製品名、サービス名」で調べてみてください。案外おもしろいですよ。
ex. 「シェア 自動販売機」「シェア AED」「シェア 一覧」

*日本信号:
信号機メーカーとしては日本国内トップ。自動改札機なども主力製品。(Wikipedia)
スポンサーサイト

学生時代に力を入れたこと、自己PR(就活生へシリーズ

gakutika.jpg

このサイト作成については、面接でも
けっこう多用して、
「え、そのサイト(http://wasedariko.blog86.fc2.com/)は今更新してるの?」
「いや、今はもう違う大学にいるので更新はしていません」
「それはもったいないですねー、続けていけばよかったのに」
みたいな会話もあり、受けは良かったです。

実は、大学時代に力を入れたことに関しては、
坂本直文さん(@SakamotoNaofumi)の講演会を何気なく
のぞいたときのうろ覚え知識が頭にあったので、それを
土台にしました。

ポイントは、大学時代を徹底的に振り返ること。
それに尽きます。
A4の1枚の紙を用意し、ひたすら書きだします。
今はやりのブレインダンプ、です。
10分、20分、30分、1時間、・・・・

普通の人間は、僕を含め、「○○賞を受賞しました」とか
「○○部のリーダーを2年間勤め・・」なんてことは
ほぼありません。ここで自己卑下する必要はないわけです。
じゃあどうするか?

大学時代のことを思い出す、小さなことでもいいと。
そして、自分がした「試行錯誤の痕跡」が
見つけられるものをあぶりだすこと。
理想形は、「起承転結」の「転」が見えること、
そしてその「転」にどう対処したか、それが分かること。
「転」がなければ、どう「改善」したかが分かること。
そうすると、結構メリハリがついた文章になります。

注意は、一番最初にザーッと書くと、
「具体性に乏しい」という指摘を受けることが多いです。
応募する人のイメージが湧いてくる必要があります。
だからやっぱり他者から添削してもらうとテキメンです。

ここで頑張っておくと、面接のときかなり楽です。
面接のときにはまた別の注意すべきことがあるわけですが
またこれは別の機会に。
今はとりあえずこれから始まる各企業の説明会が
いつあるのかを入手すべく
・リクナビ、マイナビ
志望企業の採用情報ページのお気に入り登録
をするのが真っ先にやることだと思います。
いつやるか? ・・・・・・。

就活生に告ぐ)落とされない「志望動機」編[2016.5.31追記あり]

以前にも書いたように、果敢にも第一志望に最初に突撃して
死んだ人です。
で、そこから目覚めて2,3月に猛勉強した経緯をここに。

志望動機を書く上で、助教に見せるという最大のハードルが
あったので、それを何とか通過すべく必死になって
サイトを読み漁りました。
僕が一番最初に書いていた、致命的にアウトな志望動機が、
「○○という商品に魅了され、御社で働きたいと思うに至りました」。
もちろんキッカケにはなる、かもしれませんが、
これを本筋に置くのはナンセンス。なぜか、説明できますか?

人事担当の人が考える「うちの会社にほしい人」は、
一応少なくとも建前上「自分で考え、提供できる人」であって、
今までの顧客サイドではなく、サービス・商品を提供できる
人間を採用したい、と少なからず思っています。
もっと俗な言葉でいうと、さっきの志望動機例では
「じゃぁこれからもいいお客様でずーっといてくださいね、以上」
って言われて終わりです。

その視点で見ると、次のサイトで提示されているNG例の理由が
なんとなくわかっていただけると思います。
http://kenjasyukatsu.com/archives/323

次に、その企業がしていることを知る、企業研究が必要です。
つまりその企業に入ってからやりたい仕事はどんな内容か、です。

ただし、就活の勉強を始めた人に欠けがちなポイントがあります。
「なぜ、他の同業他社ではダメなのか??」です。
例えば、東芝を目指している人がいるとしましょう。
ぱっと思い浮かぶだけでも日立、三菱、ソニー、パナソニックなどなど
電機というくくりで見ればたくさん出てきます。
(「有名(だと思われる)同業他社」は注目しておくべき
重要なポイントになります。)
その他社と比べて、どこに魅かれるのか、あるいは
どこにその会社の優位性を見出せるか、を
自分なりの観点で語れるようにしておくことが重要です。
でないと、逆に面接中に「君、・・より日立向きじゃない?」とか
言われます。ホントの話です。
(*東芝は受けていません。ただ、そういう質問もあるようです)

で、これらは実は、
「内定レベルの志望動機が10分で書けるようになる
 志望動機のフレームワーク」
http://unistyleinc.com/techniques/116
で書かれているものを必死になって読み取って
自分流にアレンジしたものです。これで結構いけます。
志望動機を書くときには、志望動機例を常に机の横に
置きながら書いてました。
これを第一志望を受ける前に見ていればと悔やまれます。
(*別に上のサイトのマワシモンではありません。)

あとは、各企業ごとの過去のエントリーシート(ES)例、
ならびに内定者のES作成例などが乗っているサイトとして
みんなの就活日記(通称、みん就)が有名です。
http://www.nikki.ne.jp/
けっこうこれも参考にしていました。

cf)痛烈な記事を紹介
"残念な"エントリーシートは即「さよなら」
 ゲームメーカー採用担当の就職指南


【追記】2016.5.31
振り返るともう3年前の記事ですが、いまだに検索等で見ていただいているようでして、
やはり現状の就活への対策をどうしたらいいか、
闇の中で手探りで進んでいる就活生も多いようです。

さて、そこで、6月就活解禁も目の前に迫り、
みなさまの自己PR、志望動機を添削しようかと思っています。
先輩に見てもらう感覚で頼んでいただければと思います。
今後の有料化も考えていますが、それは未定です。
現在は無料で受け付けたいと思います。
メールアドレスは、
gmailアドレス
です。タイトル、本文は、「添削の依頼」など、分かるように書いてください。

2月に就活をスタートした人間のたどった路。

12月から就活解禁のようです。

自分は、就活はやはり大変だったと感じました。
そしてもうちょっと早く動いておけば、というのが
自分の率直な就活の感想です。
というのも、自分の場合、博士課程進学でモヤモヤしていたので
正式にスタートを切ったのは2月初めだったわけです。

なぜそんなにモヤモヤしてたかというと、
極論、社会人としてやっていく自信がその当時なかったのです。
じゃ今あるのかよと言われたら何ともいえないですが。
少なくとも自信を強烈に失っていた時期だったので
身動きは取りたくなかったというのが実際です。

で、そんなこんなで2月に就活スタート。
2月から書類選考が始まるところが多いです。
(感覚的には2月スタートは大手企業の3~4割。)

第一希望は医療機器メーカーと決めていたので、
気持ちは人一倍強かった、つもりでした。
しかし、いわゆる「自己分析」や「志望動機」で
抑えるべきポイントを知らないままに第一志望に2月末に
突進して、書類選考で落ちる。

で、ここで気づくのです。

「あ、やばい、就活なめてたかも。」

自己分析や志望動機で書くべきポイントがあります。
とはいえ、書けば書くほどうまくなります。
あたりまえかもしれませんが、大事なことです。
第一志望が比較的たくさん思い浮かぶ人は
ある程度「練習企業」にしてしまうのも一つの手だと思います。
逆に、第一志望が決まっているような人は、
先輩のツテ、OBのツテ、指導教員のツテを頼って
文章を見てもらうのは非常に有効だと思います。
自分の場合、指導教官である助教授に
社会人経験があった、という事情がありますが
しかし何も添削なしでぶっこむのはあまりに無謀です。
助教授に見てもらってからは何か
(自分で言うのも変な感じだけど)血が通う文章になった気がします。
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。