HOME   »  2013年05月
Archive | 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの国境は、消えている。

日経ビジネスをおすすめされて読んでいる最近
(まぁ何を隠そう2か月くらい納金放置して
ようやく先月購読再開しています)
タイトルのような記事がありました。

翻訳事業が流行っていて、言語の壁が
そういったサービスによって取り除かれようとしている
というまとめでした。

英語とかでも結局
気持ちの恐怖の壁の方が大きいと思う。
実際こわいし。
でも、ほんとにこれは慣れなきがして、
最近研究進めるにあたってわけわからんプログラム使う
ために英語のネットしかヒントがないっていう
悲惨な事態があって、そういう場面で鍛えられると
何気ないところでも読めるようになって
 きている?
気がする。ので、気持ちの壁を崩すこと。

もうすでに国境自体はなくなっているので、
これからは自分の気持ち次第だと思う。
だんだん戦国時代から江戸時代に移るんじゃないかと
思っているので・・・。
スポンサーサイト

株の乱高下には踊らない

日経平均株価が上下しすぎでヤバイみたいなニュースが
毎日流れています。
実際に株価の推移を見たことがある方はご存知かと思いますが
2~3月のあたりから株価の上昇傾向が少し
アベノミクスって言われ始めた去年末からの上昇傾向とは
明らかに異なる上昇の仕方を見せています。

アベノミクスの初めのほうは比較的直線的でした。
これは、着実な業績向上をふんでのことだと思われます。
しかし、3月以降は明らかに指数関数的増加です。
思うに、うわさがうわさを呼んでいる状態で、
ブームだし乗っておくか、という流れに見えます。

着実な経営状態の反映であれば、直線的に
ならざるを得ないと思うのですが、結果的に
指数関数的な増加をしているのはいわゆる一発屋傾向を
含んでいると思えてなりません。

株だけでなく、何かの顧客増加もそうだと思います。
特に、本来急激な増加が見込めないような商品なのに
なぜか急激な増加をしているのは、ニワカが多いという
可能性を含んでいると判断できそうです。

こつこつやるしかない、ってことですかね。
ついついロケットみたいなすごい推進力を期待するんですが。。

わたしはこんな人です

理系大学院生やってます。

研究自体は、大きくいうとデータ解析班で
その中でも、生体データを扱うということで
進めています。

趣味探してます。
何をやっても全然続かず困っています。
何かいいのあれば教えてください。

塾講師アルバイトで高校生理系教えています。
週1でやってますが、僕がいっぱい学ぶ方です。
きれいごとが多くなってしまいましたが
どうもそううまくはいかないようで
苦戦していますがお手柔らかに・・・。

平安希望

今日プロフェッショナル仕事の流儀をつけてました。
先週の予告編で、「生糸染め職人」って言ってて
だれが見るねんこんなんって正直思いました。
反省しています。
というより、自分がはまってしまいました。

美しい色っていうのはこういう色のことを言うのかと。

で、そういやこの感覚何か感じたことあるような、と
思ったら、印象派の絵画をぼーっと見た時の感覚でした。
画像検索:印象派」って見ただけでおおおぉって
思う自分がいました。
やわらかーい感じが好きです。

歴史だと、平安時代とか、江戸時代とか。
一般的に戦国武将好きの歴史好きは良く聞きますが
平安時代好きってのは珍しいんじゃないかと思ってます。

そういう系の知識を広げたいと思います。

やりたいこと~数学の動画作成

数学を独学できるように、数学の動画を作って
youtubeに上げていきたいなと思ってます。
新しいことを知りたい生徒に、ちょっと待ってくれ
それはまだ習うには早いっていうようなことを言い、
学習意欲をそぐ現代のカリキュラムを
何とかしてほしいと思っているところからです。

具体的にやろうと思っている単元は、
まだまだ自分の中で練らないといけないことが
多いんですが、
・三角比(単位円)
・数3の微積
は優先順位の高い、とにかく作って流したい分野です。
結構差がつく分野だと思っています。

最近知った、灘の奇跡の教室で有名になった
橋本先生の、横道にそれる授業のようなイメージの
教材も作っていきたいなと思っています。
なんで?を徹底的に追及する。
なぜ中和反応が起きて水ができるのか。それも
自分は最近ちゃんとした理由を知りました。

最終的には、何か全体として形あるものを作りたいと
思っていますが、そのために獲得すべきリストを
どうするか、そしてそのリストをどういった方向で
活用していくか、そこがまだ未知数です。

また、別のアプローチとして、
こうすれば新規事業にできるというビジョンを作ってから
協力していただける人を探すのも一つかもしれません。
その時には価値観が合う人を見つけたいと思います。
贅沢な話をしていますが、どうすればよいかと
模索しています。

ゼロからの研究の進め方はこんな感じかなぁ

たまってたので続けて書きます。

研究の仕方が分からず暗中模索してましたが、
ようやく道筋が見えてきた気がします。

まずは本や論文から情報を集める。
この最初の部分が、未知数の部分が多すぎて
まさに暗闇の中で這いつくばって手でかき集める
そんなイメージなので、なかなかハードなところですが。

情報を集める中で、なぜそのような方針をとるのか、
その意図をくみ取りながら自分でもできないか試してみる
というプロセスが必要なのかと思います。

こういうことをやっているうちに、ちいさいテクニックを
習得し、次第にいろんな
物事に関連性が見えてきて、そうなってくると面白い。
それまでがあまりに怖く、不安な手探りをする必要があるのが
まぁ辛抱どころというか。

そういうのはみんなどこから情報を得たんだろうと不思議で
仕方なかったんです。周りは黙々と先輩とかに
聞く様子もなく何かに取り組んでいる。
いったい何をしているのか?全く分からない。
意見を交わしながら、こうやるああやるっていいながら
やってるならわかるんだけど、机に向かって黙々と
何かやっているのが不思議でたまらなかった。
もう少しで自分で何とかなりそうかな?という
一筋の?光が見えている、気がしている。

今後のこと

就職活動やってました

とりあえず、大阪が本社の医療機器メーカーさんから
内定をいただいております。なのでそこに就職することを
とりあえず考えています。
博士でお呼びがかかるなんていう甘い考えもちょっとあるんですけど。
正直不安だらけです。特に、いわゆるガチの「中小企業」
なので、企業一人一人に課せられる遂行すべき任務が
多いのは間違いありません。

製品開発・設計は2011年で19人だそうです。
多分、一部に上場するまではいろんなところからの
ひっこぬきでやってたんだと思われます。

麻酔科領域に強いシェアを持つというので
その点についてはものすごく魅力的ですが、
長期にわたって続けられるか、そして
職場のメンバーがどういう人たちなのか。
その辺が非常に気になります。
って言いながら博士は怖いよって言って
逃げだしたら結局独り身で戦う企業にご縁を
頂いているというこの人生の流れはなんでしょう。

まずは自分に強みを持ちたいと思います。
「これならまかせておくれ」って言えるような何かを。
電気、情報の技術を生かしていきたいと思います。

 ああああこわいよおおおおお・・・・
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。