HOME   »  2014年03月
Archive | 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こつこつやる。じわじわっと入れる。

むちゃをやると絶対に響きます。
むちゃをやって下手に結果が出るとこれは大変。
成功体験として体が覚えることで、修正が難しくなる。

大学受験で「とにかく1年間ぶっ続けでがんばれ!」という
よくある励ましの言葉は、しっかり自分を壊さないペースを
把握し、そのうえであえて自分を追い込んで鍛えるのなら
問題ないわけですが、自分のベースがつかめていない時に
無理やり追い込むと、自分が一体どのくらいのペースで
物事を進めていけばいいのかが分からなくなってしまうという
危険性をはらんでいます。

したがって、少しずつ、体をならしていくしかないと
思っています。
「さぁ、今日から1日10時間やるぞ」と言って
初めても結局そんなことは長続きしません。
以前から毎日1時間くらいやっていた人が、ある
時期には3時間程度に増やし、休みの日には5時間くらいやり、
そして夏休みになって10時間が実現できて・・・・
みたいな中長期的なプランで実現できたものである
ことを忘れて、とにかくやれ、では厳しいと思います。

自分はとにかく人間性を鍛えなおすという一つの
目標を叶えるべく、勉強を進めていきます。
スポンサーサイト

私はフリータをへて教師になります

いよいよ大学院を卒業しました。

修論も無事通過し、なんとか社会人になれるようでした。

しかし、そんな私はとうとう自ら選んで
フリータになってしまうことになりました。

この道がどういう風に影響するのかはわかりません。

その理由は主に以下の通り。
・(メイン)教員への適性を感じた
 ・学会発表の時の心地よさ。あれはたぶん一生忘れない。
 ・威張りぐせというマイナスポイントをプラスとして生かせると考えた。
 ・どう転んでも、「説明が分かりにくい」と言われたことはあまりない
 ・教員であれば、ベースで教えるべきことはあまり大きくはかわらない
 ・(上記の理由から)臨機応変さは(あまり)求められない
 ・生徒と話してるとやっぱり面白い、楽しい
・理科おもろいやん!って去年中ごろに気づいた
・精神的な休養がほしい(≒人間性を鍛えたい by原因と結果の法則)
・精神的にやられると、やられた時間と同程度の回復期が
必要になり、メンタルが壊れるくらいなら今のうちに
先回りしておいたほうがいいのではないだろうかという判断
・本をもっとがっつり時間をかけて読みたい

教員になれんかったらどうするの?っていう意見を
多くの人から言われましたが、「なんとかします。」

もちろん、教員にはふさわしくない部分も多々あります。
ただ、致命的ではないと考えてのことです。

この決断は先週まで悩んでおりました。
正社員になったまま通信で教員免許を目指す、とか。
正直今でもこの決断が100%正しいとは思っていません。
しかし、おそらくこの判断を先延ばしにしたところで、
明日、明後日になっても、教員を目指します、という同じ答えに
たどり着いてしまうと思ったので、踏ん切りをつけました。

フリータ中は実家から
塾講師のアルバイトをやって食いつなぎます。
そして、理科のなぜなぜを追及しておいて、メモ帳に
少しずつ残していこうかと思っています。

---続きは、断った理由
続きを読む
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。