HOME   »  2015年05月
Archive | 2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山の噴火、原子力発電問題

うーん、書いていくと月並みな感じになりそうですが
火山の噴火とか、原子力発電とか、とにかく
自然というものは偉大なんだということを
あらためて考え直すきっかけなんだろうと思います。

スマホは大きく世界を変えました。
知らない人とでも、twitterとかfacebookとかで
知り合いの状態には簡単になれる。

別に家にいてもほしいものを頼めば2日後には
楽天とかアマゾンとかで送られてきます。
(アマゾンのコンビニ受け取りサービス中継も郵便局がやってます)

次元を変えてしまうどこでもドアはできてませんが、
まぁ1日程度の誤差を大目に見れば、飛行機でどこでも行ける。

それ以前の話として、電気、ガス、水道は余裕で使える。
(止められなければ)
原子力もコントロールさえすれば、安い原価で大きなエネルギーを
ゲットできる。

そうやって、もともとの自然のありがたさとかを忘れてしまいがちです。
でも、たまーにこうやって
自然の偉大さを思い出すようなことが起きる。

今回も、噴火前に観測されることの多いはずの兆候が
見られないまま噴火したという報道で、ああまだまだ
科学技術が完全に自然をカバーできているわけじゃないんだなぁと
身にしみて思ったわけです。

出来事毎でも、ああそうか自然の中に自分はいるんだなぁとか
思ってあげるのがいいんでしょうね。
スポンサーサイト

オープンキャンパスは行った方がいい理由=類友の法則。

オープンキャンパスは行きましょう。暇なら。
26i.jpg ひまでしょ?

なぜ行くか。
まずは、行くと自分の感性とあってるかどうかがわかるから。
twitterでもつぶやいたんですけど、
自分に合っているかどうかの判断基準。それは、
自分をその場所においてみたときに、
自分が無理せず、楽しく?いれるかどうか。です。

あとは、その場所に行くと、万有引力が働きます。
久しぶりに大学行ったら、久しぶりに研究室の教授を見かけて、
(たぶん向こうは気づいてなかったはずなんだけど・・)
それから1か月後になぜかfacebookの申請が教授の方から来て
びっくりしたという笑い話。最近の話です。
まぁまったく行く気がないならいざ知らず
少し行く気があるなら、のぞいてみるだけでも十分です。
その空気を吸って帰るのが大事です。

---追記
そんなことを書いたそばから、その教授からついさっき
ライン申請が来たみたいです。おお類友の法則よ。
別にそんなに強い接点があったわけではないはずなんですが。。

英単語覚えたくないって勉強したがらない人へ、渡辺謙さんの英語をどうぞ

watanabeken3.png


watanabeken1.png

【高校生】英語の勉強法???文法と単語でしょう。

高校生のテストが続々と帰ってきております。
数学は、平均点前後の生徒が多い様子です。
正直数学の成績が「芳しくない」ことに困っておりますが。

英語はどうやって勉強したらいいんですか??って聞かれるんですけど
どうやって勉強したらいいんでしょうね?

自分自身の高校時代の勉強を振り返ると、
高進の青田さんから1,2年と習ったこと、あとは
学校は内野先生っていう6年間お世話になった先生の授業。
自分ではビジュアル英文解釈とかいう本を読んでた記憶があるけど
何よりも「文法と単語」だと思うんですが、違いますかね??

生徒のよく聞くできないパターンは
単語を知らないから文章が読めない
文法がわかってないからテストの点が取れないし、文章が「正確に」読めない
だと思うんですが。

あと、リスニングが壊滅的で、って一人の生徒から言われたんですが
その前に、文法と単語できてるの??って思うんです。
文章をちゃんと読解できる力があったら、めちゃくちゃな発音を
覚えてるとかいうことがなければ、勉強の初期は
英語の流れてきた音声を英語の文章に頭の中で書き起こせれば
それで十分ではないかと思います。 シャドーイングってあるし。
僕自身は、高校生になってからCDを一生懸命聞いた覚えがなくて
かくいう中学時代も基礎英語を聞かされてたのが功を奏したか
リスニングで苦労した覚えがないんです。
センターとかも42/50とかだったと思います。

そんな英語のことに少し片足突っ込んでみた理系講師でした。

キーワードは「逆転」、話題の「ビリギャル」。

親と行ってきた26歳。
そして観客は高校生が多くてもう逃げ出したかった上映までの待ち時間。

そんなこんなで始まった。

ストーリーはみなさんご存じのとおりです。
高2から受験に向けて勉強をはじめて
第2志望だったSFCに合格。

動機は不純でも、まぁいいじゃない、っていう
受験生に火をつけるためにはアリな映画だったかな

見終わった時はそんな感想でした。


でもそんな自分にも火をつけてもらったような気がします。
要するに、「逆転」できるよ、がんばったらね、という
話の流れだったので、若干半沢直樹とも通ずる部分があったのかもしれません。

これからの時代を反映する「さしこ一位」/分業制

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150520-00000022-mantan-ent

さしこファンには申し訳ありませんが、
私にはさしこのどこがそんな「1位」にならしめるのかが
ちょっとピンときてません。
ただ、きっと何か理由はあるはずだとは思っていて、
それを探っている最中ではあります。

で、話の核心は、そのさしこが1位になれたのは、
まぎれもなく「AKBというグループの存在」のおかげだと思います。
今までのアイドルは、「皆が認める、本当の美形タレント」だったわけです。
ただ、AKBの場合、皆が認めるか、と言われると
正直微妙なところがあることは否めないわけです。
しかし、逆に言えば、一部のAKBファン層が支えになって
AKBという巨大グループになっていることは間違いないことだと思います。

要するに、これまでは、絶対的な美なるものがあり、
それを追い求め、そしてそれが流行の中心になったわけですが
この時代は、コアなファン層が強く集まることで、
世の中の流れすら変える可能性を秘める、という
時代になってきていると思います。

で、そういう「コア」なものをお互いが追求して、
一人一人が思う幸せの形を実現していくことができる。
そして、ある人は農業のコア、ある人はものづくりのコア、
ある人は会計のコア、ある人は運送のコア、
とかいう分業制で世の中を回せるようになってきている時代でも
あるかと思います。
それは紛れもなく科学技術の進歩のおかげだと思います。
だから、自分の得意なことを伸ばしましょうよーっていう話でした。

ちいさなひと言が大きなモチベーションに。

そういや、このブログをまたせっせと書き始めたのも
心屋さんの影響もあるけど
高校生のときにブログを同級生数名たちと書いて喜んでた。
数人のリピーターさんがついてコメントをくれたりもしてた。

で、学校の化学の先生も記事を読んでくれてた。
今の自分じゃ考えられんけどなぁ。
その先生が言った、
「結構アクセス数あるみたいやけど、
君の勉強にしっかり取り組んでる姿勢みたいなのに
ええなあ、って思う部分があるからじゃないかなぁ」と。
たぶん言ってくれた先生自身はもう40手前だと思う
教え子たちによるとめちゃくちゃいい先生に進化してるらしい
(ぼくらの時代はくぁwせdrftgyふじこlp)
たぶん直接「言いましたよね??」って言っても忘れてると思う
でも、そんな一言が自分の心の支えになっています

考える力の強力さ(感染症と景気から)

感染症が蔓延するような貧しい国。貧しかった時代。
一方で、科学技術が進歩し、お医者さんとか薬剤師さんたちの
奮闘のおかげで、そんなこと気にせずに過ごせる昨今。
この二つの時代では何が違うのか。そして、何が原因で
そんな感染症がばーっと広まってしまうのか。

もちろん、感染症を防ぐ技術がそもそもなかった、という根本的な
理由はあるでしょう。しかし、もう一つに、その技術がないがゆえに、
いつも心のどこかで、「感染症が広まったらどうしようどうしよう」
みたいな不安が渦巻いていることが問題の一つだったのでは
とも思っております。

思考のパワーってのは結構絶大で、思考を変えると
環境までもなぜか変わってしまうという経験を何度かしております。
そういう視点を背景に考えると、
逆に現代は、別に結核とかの感染症をもらったとしても、
適切な治療を受けさえすればまぁだいたいは治るでしょ??みたいな
安心感が常にどこかにあるから、その安心感が
現実になって強化されている、ということなのでしょう。

んで、たぶん安倍さんになる前までは
とにかくあああれがだめこれがだめ、って言って
民主政権で思考がうろうろしておったわけです。
ところが、大震災で、これじゃだめだ、なんとかしようよと
思った結果、一気に景気回復の兆しを見せようとしています。
どこまでもいけるのか?と不安になるかもしれませんが
その不安をずーっと抱えるとまた元の木阿弥なのです。

難関大受験物理対策

受験物理に必要なことは、
まず「なぜその公式をこのタイミングで使う必要があるのか?」を
いちいち確認していくことです。
cf. naverまとめ http://matome.naver.jp/odai/2142696028699016101

例えば、運動量保存則と力学的エネルギー保存則を使うタイミングの違いは
どこから来るのか、とか。この問題で運動量保存則が使えるのはなぜなのか。
この問題のどの部分を変えてしまうと運動量保存則が使えなくなるのか。
そんなことをいちいち確認しましょう。

「え?そんなことしてたら受験本番で時間が無くなってしまうじゃないか!!」というのは
物理に関しては信じていません。
受験本番で時間が無くなるのは、「無駄な思考プロセスを踏んでいるから」だと
思っています。
例えば速さを求める問題のときには、○○法則だなぁ、でいいよなぁ、あの法則は
ここじゃ使えんし、よし、この法則で大丈夫だな。という流れがある程度あれば
それが思考の型になります。
それを、時間が無くなる人は、普段から考えることをしていないために、
少し違った問題パターンに出くわしたとき、ええとこの問題は?????なんやこれ
見たことないぞ、初めての問題か、うーんと・・・
みたいなことをやっています。
考えるプロセスは割と問題形式が変わっても似たり寄ったりです。
だからこそ、新しい形式といわれる問題でも対応できる力が付くというわけです。

---
で、具体的な話をしてほしいと思われている方が多いと思いますので
参考書(もう自分の中ではカリキュラムにしたいくらい。)を紹介します。

(1)問題演習教材
良問の風物理頻出・標準入試問題集 (河合塾シリーズ)
まずは良問の風。問題数もそんなにアホみたいに多くないので、
何とかがんばればこなせる問題量なのがうれしい。
実際に、それまでまったく物理にやる気のなかった受験生で、
夏休み前までに良問の風終わらせなさい、って半分命令して、
さんざんハッパかけてやらせたら、物理が好きになったって子がいました。
名問の森物理 力学・熱・波動1 (河合塾シリーズ)
名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
じっくり1問1問に時間をかけて、なぜこの(1)の速さを求めるのはエネルギー保存なんだろう
とかさっきの話をこの問題集でやっていくわけです。

(2)辞書教材
分からないところがあった時に調べるのに使います。
生徒に聞かれても対応できるようにするのに、最低限押さえておいた参考書がこちら二つです。
この二つに載ってないのでちょっと今はわからない、という返事もよくします。
物理教室 (河合塾シリーズ)
物理教室はマジでおすすめ。とりあえず困ったらこれ見る。
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
大学課程の内容を含む。だからこれを見て載ってないことを教えてくれといわれても困ります
というわけです。いちおう話の落としどころはそんなところ。
・そして案外教科書が参考書。
言葉の定義とかでええっとどんな風に決められてるんだっけかーと
思ったらこの教科書に戻ります。
(3)過去問
センターならセンター、2次なら2次の過去問をやりましょう。
京大物理はやっぱりおもしろい。
京大の物理25カ年[第4版] (難関校過去問シリーズ)
---
(4)とらのまきー
これは言えませんwww
でも、知ってる人は知っている、かも。
かの有名な○ルー○ックス(○談社)です。 なんか やばい響きになってしまった
でも面白いのでおいとこう

(定期テスト対策)高校物理の勉強法

今日生徒に話したことです。

物理は、まず大前提に、
「中学理科みたいな感じ、という感覚を捨て去れ!」というところから
はじめないといけません。

中学理科といえば、テスト3日前とかに
さてやるかあって言って
重要そうな単語をちょいちょいとつまみ食いして
ある程度ワークとかやっとけば大丈夫、という感覚だったかと思います。

高校物理のイメージは、
「数学に近い」と思ってほしいわけです。
まずは問題集を解いて、その問題集を解き進める中で
まったく解けない問題は、解答を見て解説を理解する。
解説が理解できない場合は先生などに質問する。
解説が理解できたら、その次は、解答解説を見ないで
問題が解けるかやってみる。
解けなくてもある意味当然。
だってそんなにすぐ覚えられるんなら苦労しません。
解けるまで何回もやります。
何回やったらいいですか?って??
解けるまではエンドレス。10回でも20回でも。
(逆に3回目とかで解けたんならそれでいいじゃない、ということ)
とりあえず、定期テストを乗り切る、という目的を達成するには
そこまでやりましょう、というわけです。

受験物理に向けたお話は次回につづけます。

郵便局日記)行動の遅いトロイやつはトロイ「なりに」やるしかない。

まぁ以前よりさんざん書いとりますが
実務がなんかだめなのですよ。
実際にモノを動かすのができない。

だからといって卑屈になる必要はないのです。
「だってしょうがないじゃないかー」

遅い人は遅い人なりのメリットがあるはず。
例えば比較的正確に物事を進められる、とか。
あとは、覚えるのが遅いがゆえに、何がネックになってしまうかを
よくわかっていて、教えるのがうまいことがある、とか。
はじめて入った時に教えてもらった方には
本当に感謝しています
(なんかこの例示で使っているのが申し訳ないですが)

だから、自分の弱点とともに生きる。
それしかない。 うん。

【明かしましょう】数学テスト出題予想概要

教科書傍用問題集が配られる学校を前提に話します。

教科書傍用問題集って何?って思ったかもしれません。
それは、教科書の例題を練習するために使う問題集です。
例を以下に示します(以下リンク)
教科書傍用サクシード数学1+A 改訂版
新課程 4STEP数学1+A
スタンダード数学1+A―教科書傍用 新課程
教科書傍用 クリアー数学1+A 改訂版

学校の多くは、テスト期間中またはテスト後に、課題として
提出させているようです。

で、その問題集は、A問題とB問題に分かれていますが、
A問題は絶対に解けるようにしないといけません。
絶対にです。
え、自分のところはそんなに高校受験の偏差値高くなかったんですが
それでも関係ありません。A問題はすべての学校共通です。

B問題に関しては、重要な問題というのがあります。
実はここのB問題の予想をしているわけですが
これはこの記事で書ききれないので、
というかこの予想、テストのたびに毎回5~10分ぐらいかけてやってます。
だいたいテストに出される問題はどの学校、どの先生も似ているのです。
そこにオリジナルの個性が足されているだけで。

実はこれ結構企業秘密レベルなので、有効に生かせれば
上位に立てると思いますよ。

---
え!そんな問題集配られてないし!!っていう学校も1~2割聞いたことがあります。
そういう人の場合どうするか。
1つは、授業中先生が解いていた教科書の問題を
もう一度何も見ずに解いてみること。そしてそれがスムーズに
解けるようになるまで反復する。

いやーやっぱり問題集ほしいわーって人は
上の教科書傍用を直接買ってしまうのもありだと思います。
(町の書店でスタンダードはよく見かけます。)
で、amazonでもの買うのはなんかちょっとなーとか
書店行ってもそんな問題集はなかったという人には
白チャートをお勧めします。

改訂ごとに問題が精錬されてきていて、
すっと生徒に勧めてもいいなぁと思うようになったので
最近は白チャート押しです。
新課程チャート式基礎と演習数学1+A(←リンク)

ちなみに、定期テスト対策で黄色チャートは
なかなかレベル高いです。
しかし逆に、市内でトップクラスの高校に入学した人は
黄色チャートを使うのはありだと思います。
ただ、この黄色チャート、何度も言いますが
割と想像以上にレベル高いので、
テスト2週間前になってはじめて開いて「さてやるかあ」だと
結構キツイと思います。
なので、事前に黄色チャートはコツコツ授業と平行に
勧めておくのがいいと思います(言うのおそいか(^_^;))
新課程チャート式解法と演習数学1+A(←いちおうリンク)

6年間せっせとテスト出題予想をしているわけ

えー 昨今とてもアクセス増えてきておりますこと
大変感謝御礼でございますーー
---

まぁこの塾講師も早いもので8年目です。
で、この1学期中間というのの大事さ。
これは半端ないです。
とにかく、リズムになる。
ある程度の上位層にいた人は、下がっても中間。
これが、おそらく気持ちの持ちようの部分が大きいのかも
しれませんが、経験上やっぱり否定できません。

テスト前になると希望者にはやってあげている
「テスト出題予想問題の絞り込み」。
これが大変好評でございまして、
3年目から高校生を教え始めてからずーっと
高校生にはやってあげております。

ただあんまりいいことを言われないこともありました。
「競馬の予想屋」みたいな。
まぁ雑な部分も完全否定できないのであれですが
しかし、これ生徒側だととてもありがたいことだと思うのです。
なんか自画自賛みたいになってますが
テスト前の限られた時間、数学だけじゃない
英語、国語、理科、社会、なんなら副教科もやらんといかん
そんな状況下で、教員サイドは言います、「すべての問題を完璧にしてください!!」
って、
わかっとるわーーーー そんなこと!
ここで優先順位があれば、気持ちが少し楽になると思うのですよ。
ああ、この問題はとりあえず後回しでいいんやな、とか。
それは非常に大きい。
なので、今もそんなことを続けています。

---
もちろん本来はテスト前にあせらなくていいように
事前に実力をつけておくのが筋なんでしょうが
中学では別にテスト2週間前からやったらなんとかなってた
習慣の冷めやらぬ高校1年にはなかなか酷な話で・・
(高2もまだ1学期は結構きびしい)

---
「なぜその問題はよくテストに出題されるのか?」という分析は
今年に入るまでしっかりしていなかった部分の反省をこめ、
改めて分析をしたところ、わかったことがありました
それは後日またーー

---
予備校ってそういう予想の部分でおまんま食べてる部分は
大きいと思うんだがなぁ・・・ (つぶやく

絶対的な善は存在しない。ポイントは「他人も自分も許す」

以前の記事でお話したことですが、
(リンク)絶対的な善なるものが存在すると信じられた時代

心屋さんがゆうてはります。
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12025331762.html

記事の紹介でした。

ニュース記事を「きちんと」読む

本来は、ニュースは公正公平であることを念頭に、
事実をきちんと伝えることが目的でした。
しかし、最近は特にそうですが、報道者、あるいは
その背景に隠れた団体などの意図を
意識的にまたは無意識に織り込み、事実とその
報道側の感想or希望的観測みたいなものを
ごちゃごちゃに書いている場合があります。

最近話題になっているフジテレビの円グラフがあります。
(検索結果)フジテレビ_円グラフ
まぁここまで露骨なものはさておき、
案外露骨でないものにそういう技巧的な操作がされている場合があります。
以前の記事でも書きましたが、
「3000人希望退職!!」みたいなことを書かれた記事を見たとき、
「うわあすごい人数解雇してるなぁ、ひどい企業だ」と思うのも致し方ないですが、
分母はいくらよ?と思う必要があります。
すると、全従業員数が5万とか6万とかだったりすると、もう少し
冷静になれば、これだけの不況でも5%の解雇で済んでいるんだなぁ
などという違った見方ができると思うのです。
200人の中小企業だと10人解雇したらすでに5%です。
10人の解雇で企業の立て直しってできるんだろうか?ということです。
最近はNHKも、民放の視聴率合戦につられてこういう操作をやっているので
なんかなあーと思っているわけです。

きちんと記事を読むためには、確かに文字通り「きちんと」(文法的に?)
読む必要もあるでしょうが、あえて「きちんと読まない」「疑って読む」ことも
必要だと思います。逆説的ですが。「ホンマに???」とか。
で、疑って読んだ後に、ああ確かに正しいなあと思えばそれでいいし
違うかったら、本当はどうなんだろう?と探ってみるのがいいでしょうね。
大阪の大阪都構想でまた同じような感情のぶつけ合い合戦
みたいなことをやっているようなので、関連して記事にしています。

先月から郵便局員やってますー

まぁ批判を恐れず言うと、「いわゆる」世の中の最底辺の仕事をしております。
ただ、自分としては誇りを持ってやっているつもりなので、大丈夫です。
中の人たちは、ほかの人たちとは何も変わらない、普通の人です。
というより、郵便局内務勤務の人は割と根が真面目な人が多い印象です。

いろんな人がいます。
自分くらいの年齢のおにいちゃんみたいな人、
定年過ぎてるでしょ?っていうようなおじいさん
主婦の空いた時間を使ってるのかなぁと思うおねえさん方

郵便の仕事には内務、外務というのがあり
自分はなかでの仕分けをしている内務です。
外務は車とかバイクとかで郵便を運ぶのが仕事。
外務の人は結構オラオラ系の人もいます。
そんないろんな人がいる世界の中で勉強することも多いです。
たぶんこれ以上仕事を増やしてはいけないんだろうなぁと思いつつ
でもその中から学ぶことは多いです。
(リンク)郵便局・内務外務

特に、いかに社内環境をよく保つことができるか、というのは
つねに考えるようになりました。
学生時代は勉強第一だったので、別に中がどうなろうが
しったこっちゃなかったんですが
自分が心地よく働くために、人を傷つけてしまっているかも?
と思ったときはフォローしてみたり。
そんなことをするのは実地経験でのみ学べることだと思っているので
お金をもらって
・体が鍛えられる(米とかペットボトル段ボールとかを運ぶこともある)
・対人関係力が鍛えられる
なんていい仕事なんでしょうかと思っております。
けっこう楽しく仕事できてます。

しかも、物流の中枢を担っているという実感があって楽しいです。
荷物をいったん郵便局に集めて、そこからまた全国各地へとばらまくので。
自分の場合、中心的な仕事は、自分の住んでいる近辺の住所にゆうパックの
荷物を仕分けるお仕事ですが。
システム的には最適配分則を考えるんだろうなーとか思いながら
仕事するときも今までのなかで数分ありました。

気になる勤務時間、給料は、昼の12時から3時までの3時間で
時給800円なので、2400円/日。
んで、週5なので、実家暮らしの人間には結構いい値段です。
そのあと、「理系塾講師してます」。(笑)

へぇー!!と思ったことは心の記憶に刻まれる/ドレニゾン

この前T大病院に行ってきました。

で、処方箋もらったので薬局で薬(ドレニゾン(検索リンク))を出してもらおうと
閉店間近に押しかけました。

薬局の薬剤師のおにいさん(’や’っきょくのYと略)と話をしました。
ちょいながーいお話におつきあいください。

私「薬ください」
Y「(どこの病院ですか)」
私「東京の・・」
Y「ああ、わざわざ大変ですね。で、この薬をもらったということは、どこか
ケガでもされましたか?」
私(「ケガ」の場所を見せる)
Y「ああ、そうですね。それなら、この貼り薬はいいですよ。
顔の部分とか、女性なら足とかの手術痕が残らないようにするには
この薬は必須なんですよ。なんせ、中央病院とかでは
この貼り薬と飲み薬を併用して使うんですよ。
私「この貼り薬は初めてもらうんです。それまでは、塗り薬みたいなのを
もらってたんですけど」
Y「いや、その塗り薬ほとんど意味ないですよ。」
私「え」
Y「その薬がどういうことをしてるかっていうのを考えたらいいんですけど、
この貼り薬は、名前からもわかるかもしれませんけど、ステロイド系なんです。
炎症が長いこと続くと、ケロイドになってしまう。
そのステロイドは、過度の炎症を抑える働きがあるわけです。
過剰に反応している部分を抑え込むんです。」
私「じゃあ拒絶反応を抑える薬みたいなもんですか?」
Y「そうなんです、そもそもステロイドって、拒絶反応を抑えるときに使う薬なんですよ」
私「へえーー」


薬学部真剣に目指せばよかった(笑)

参考URL:ケロイドについて(自治医科大HP)、治療画像あります。
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。