HOME   »  2015年07月
Archive | 2015年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の怖さを伝えるためには、感情を交えないで事実を伝えるだけでいい。

80歳の人が小学4年のときに終戦だったことを考えると、
大昔というほど大昔の話ではないのです。
祖母は女子高生ですよ。女子高生。。
だから70年前のこの場所、この姫路で、
戦争があったなんてつゆも感じない戦後復興の力に驚きます。

そんな終戦70年。
戦争を起こしてはいけない、という話が多く語られるわけですが、
正直もう聞き飽きたと思っている人がいるわけです。
だから、ここは発想の転換をしないといけないのです。

戦争が起こるとどうなるのか、ということを考えてみるわけです。
それが、まさに「歴史が語ること」なわけで、
「歴史が残したもの」なのです。
それをできるのは、やはり戦争をじかに経験した人しかなしえない
ことだと思います。
そして、幸か不幸か、写真技術も発達しているので、
いかなることが起きたかという事実を克明に写しだしたものが
フィルムに焼き付いているわけです。
それを感情を交えずに見せればいいのです。
そして、そこに感情を交えず解説を加えればいいのです。
なぜ日本はそういった戦争に進んだのか。
そこにいちいちいいとか悪いとか言わない。
画像検索「戦争」

それを、「ああ戦争はしてはいけないしてはいけない」という
変な価値観の刷り込みをしようとするから
逆に戦争してみてもいいんじゃないかなんていう意見が出てくるわけです。

なお、そういう戦争の画像とかを見ても何も感じないというのは
やはりそういう悲しみの感情が何らかの理由で
働きにくくなっているのだろうと思います。
想像力がどうこう言う前にたぶん感じるものがあると思います。
道徳を鍛えるというのも必要な要素ですが、
そういった悲しみの感情は、自分の悲しみの感情にふたをしてしまって
他人の悲しみもピンと来なくなってしまっている可能性があります。
なので、まずは自分を癒すように、どんな自分でも大丈夫よ、という
トレーニングが必要だろうと思います。
(それが心屋さんなわけです。別にあがめてるわけじゃありません。)

戦争をなくすためには道徳を鍛えねばならないという意見もありますが
その一方で、傷ついた心をいやすように働きかける専門家がこの世界に
増えていくことが必要だと思います。
スポンサーサイト

進捗報告:明星通信、7月末現在

こういうクソ忙しいときに限って何か記事を書きたくなるという
現実逃避大好きです。

さて、今本当に忙しい時期です。
なぜかというと、8月のいわゆる夏休みシーズンに、
スクーリングで単位を稼ぎまくる予定だからです。

去年は、
「スクーリング??1科目8千円とかどんだけおいしい商売してるんだ」と
思って意地でも行きませんでした。
(どちらかというと、そんな制度を使うようなところまで
慣れてなかったのも大きいが)
しかし、いろいろ単位を落としまくった反省で
(1年間で早稲田4年間で落とした単位数を超えてしまった)
今回は夏休みに一気に14単位をゲットしに行こうと思っております。

スクーリングに行っただけでは単位は来ません。
スクーリングに対応したレポート課題をやらないと単位が来ないのです。
それが14単位分あるという何とも忙しい状況の中、
ブログを一生懸命書いております。

というわけで、アドバイスとしては
・まずは科目終了試験をがんばってみてください。
・いけるやん!って思ったらそのままがんばってください。
・結構厳しいなーって思ったら、スクーリングをちゅうちょせずに使う
ことですね。
5万6千円で14単位を買いに行くような気でおります。

---
補足注:
ただ、大分ペーパー試験のコツもわかってきたつもりなので
今度の科目終了試験でそのコツを試してみようと思います。

スクーリング記録:中等教育実習指導2015

【時間】
1日目は午前午後と、4時間フルで、
2日目は午前中2時間のみでした。

【内容】
各受講生の希望科目(私だと数学)について、
教育実習に行ったときの心構え、そして
実際の演習などもそこではありました。

【アクセス・名古屋】
名古屋会場でしたが、名古屋駅周辺は結構栄えているので
食事の場所はあると思います。
まぁコンビニもあちこちにあるし、同じ建物の1階にローソンがあったので
食事は困らないと思います。

【教授】
講義を担当された教授は中学校の校長を20年ほど勤められた先生で、
けっこう実務に近いお話も聞けたので満足しています。

【持っていくもの】
テキストと学生証は念のため持っていくとよいとは思いますが
結局使いませんでした。
その代り、先生が持ってきた説明用プリント教材を多用しました。

【テスト】
持ち込み可でした(明星では初じゃないか!!)。
板書、体罰の禁止等について、知っているところを述べなさい
といった説明問題+記述問題だったかと思います。

ケアレスミスをなくす方法 - くめVer.

動画紹介から。


1. 自分はどんなミスをしやすいかを知っておく。
ケアレスミスはするものです。
でも、どんなミスを自分がしやすいかを自分で把握しておくことは重要です。
ある程度の戦略は必要です。


2. 自分がこの答案、この状態で提出できるか?を常に考える。
これは以前予備校の採点を勤めていた時に
自分で心がけていたことです。

予備校の採点担当者は、チェッカーと呼ばれる人に
ミスをどれだけしているかを抜き打ちチェックされています。
ミスが多いと、そっと依頼が減らされます。
一番最初に担当したときはかなりミスったようで、
1回模試が飛ばされて、結構深刻に考えました。

そこで、提出前に、1枚の答案ずつ見直しをするとき、
正解不正解が明確な一問一答形式は特に、
1枚ずつ、よし、この答案はこの状態で提出できるな、と
2枚、3枚、4枚、5枚とどんどん進めていきました。

僕のチェックのときの口癖は、
「これでいいのか?これでいいのか?」です。
要するに、細かく細かくチェックするわけです。
ただし、小問1個ごとチェックするのはあまりに量が多いので
大門1つずつのチェックにします。


3.意識の問題
ケアレスミスだあ、へらへら ではいけないんです。
ケアレスミスは重大な間違いであることを覚えておかないといけません。
さもなくば、同じミスをずーっとやり続けます。

【学校で教えない勉強法】答えを見て、答えを分析せよ、行間を読め!!

考えなさいは確かに真なり、なのです。
しかし、勉強の初期に、それにとらわれた勉強法をすると
眠りへいざなわれていきます。

で、どうしたらいいか。
チャート式黄色などを解いていくときに、
問題レベルが高すぎて、さっぱりわからん問題もあるでしょう。
そういったときに、ある程度は考えてみたあとで、
答えを見て、解説を読んで、
「一体なぜそのような解き方をするのか」を考えることです。
具体的には、
別の場所で学習した内容を使えないか???
を考えるのです。

答えのない問題を、解いた問題量が少ないのに
完全なる初見で解こうっていっても心が折れるだけです。
なぜ参考書はその問題でその解法を用いたか、を分析するのです。

すると、数をこなしていくと、
「あれ??前も同じ解き方、着眼点だったぞ???」というのが
出てきます。その時に改めて、
なぜ同じ解法で解くことができるのか??
何が前の問題と今回の問題で共通していたのか?
それを徹底的に分析します。
すると、見えてくることがあるでしょう。

逆に言うと、だからこそ、早くある程度の問題量を
こなしていかないと、問題同士の関係性みたいなものが
見えてこないのです。
なのに、最初でつまづいてしまっては、次の
ステップに進めないのです。

だから、ある程度のところであきらめて、
次々と問題の解説を分析していきましょう。

なぜ、理系の教科書には練習問題がついているのか。

そんなこと、考えたことありますか???

それを考えるきっかけになったのは、大学生になってからでした。
高校生までは、問題集にある問題をとにかく解きまくって、
似たような問題が解けるようになればOKOKってことだと思ってました。

そして大学1年目。いわゆる教授が一方的にしゃべり、
ただ眠りながら出席条件を満たすためだけに授業に参加した日々。
そんな中、かすかな勉強心が残っていた自分はふと思ったわけです。
「大学では一体何を勉強すればいいんだ???」と。
教科書をぼーっと読んだところで、それがなんなんだ?と。

じゃあ高校の延長ということで、練習問題を解いてみるか、といっても、
大学の教科書「みたいなもの」には、少しの練習問題しかありません。
なんなら練習問題などない教科も存在します。
じゃあ何のために練習問題を解くんだ???と。

その疑問に対する一つの答えは、
「教科書で学んだ定理を、
ある作為的に設定された特殊な状況で、
使いこなすことができるかを確認する」というわけです。

物理で言うと、ある点電荷があり、そこから距離R離れた
場所での電位と電界を求めよ、なんていう問題があるわけです。
そんな状況どこにあるねん!!!っていう至極まっとうなツッコミ。
理想的過ぎる状況下であることは百も承知です。
ただ、、その状況においてはガウスの法則が適用でき、電気力線が
どうのこうのという話ができるわけです。
で、そういった議論の「練習」をしているわけです。

もし、その練習問題がなかったら、どうなん??って言うのを
一度考えてみてください。それはそれで困りますで、
何したらええねんー!!って。

さらに、教科書の練習問題であれば、そういう
実践へのつながり、という意味も多分に含まれています。
そして、応用問題レベルになってくると、細かい議論の必要性について
考える場面が出てきます。
それが、物理で言う、「なぜその公式をそのタイミングで使うのか??」を
考える一つのきっかけになったりします。
基本的な問題だけだとその部分があまーいままになっていることがあり、
いわゆる発展的な問題というのは、その原理をうまく突いた問題で
あることが多いのです。
まぁよくできてますなーって感じなのですが。
そしてそのよくできた問題を解くと、自分の考えの甘さを痛感するわけです。

【ゼロベースで考える】いろんな試験を活かす方法

ついこの前、教職のための明星テストの結果が返ってきました。
1つ落としてしまいましたが
何より心配していた文系的な科目2つが優、良で
ほっとしています。

そして、自分のした勉強の方向性が間違ってなかったことを
確認できたことがなにより大きいです。

4週間、4つのスパンで準備しました。
1、2週間目
・過去問と、その解答例をWEBから入手して、
その解答例を分析する。
教員は何を答えてほしいか考える。
逆に、何を書いていない答案には単位があげられないと
判断されるか考えておく。

・過去問出題文だけを、単独で、1枚のルーズリーフにまとめておく
・解答例の重要語句を(  )で空けて、穴埋め文章をつくる
・スラスラ出てきてほしい重要ワードを1問1答形式にしておく
3,4週間目
・(   )だらけの穴埋め文章を埋められるか練習をくりかえす
・最終的に、答えを文章で書けるようにする
・ちょうど1週間前には、紙にテストしてみる

とにかく、何を答えないといけないか、
何を答えてほしいと教員が待ち構えているかを
外さないことだ、というのを確認できました。

去年は、重要な言葉を覚えて、テキストが書いている通りに
しっかり書くことが求められているのではないかと思い
いろいろやっていましたが、負荷が強いわりに、
頭に全然入ってこなかったので、仮説を
立て直すことになりました。

----
このテストの活用方法は
大学受験でも同じではないかと思います。
自分ができていると「予想」したところが
実際にできていると評価されているかを「確認」する目的ですね。

レポートの書き方が不安な明星大学生が見ておきたい動画

通信教育の明星大学生が見ておきたい動画を紹介します。

明星、見ておくべき動画


僕自身もずーっと見てなかったんですが、
この前なにげなく再生してみたら
結構いいこと言っててへえーーって思った動画です。
結局最初から最後まで見てしまいました。(およそ全部で50分)

いわゆるCMっぽくするなら、
・述べよ、論じよ、説明せよの違いとは?
・効果的なスケジューリングの方法とは?
 などなど

ぜひ、おすすめなので見てみてください。
おととい再生したときはまだ再生回数が1000回にも満たなかったので
応援の意味をこめての紹介です。

給料のいい仕事ってどんな仕事?キーワードは「専門性」

文系・絶賛就活中の弟が、地元に帰ってきています。
ちょっと仕事とオカネの話をしてたわけです。

自分がもしゼロから顧客の確保、商品の製造販売、フォロー、など。
そういうのを全部やったら、1か月10万円コンスタントに
稼ぐということがどれだけ大変だろうか、という話。

だから、なんにもできない新卒が、月20万、コンスタントに
給料としてもらっているのはすごいことで、
それをどうやって実現しているかといえば、
めっちゃすごいできて、1億ぐらいをちょいちょいと
コンスタントに稼げる小数の人が、
ポケットマネーのごとく、はいはいしょうがないなぁ
20万あげるよ、君らに、ってな感じでお金を新卒にあげている
イメージが近いと思われます。
(当然、現実には経験を積んだ人の収益の合算をうまーく回す
わけですが。)

そしたら弟は
人間全部のことを一人でできることなんてそんなに多くない。
だから、一人でなしえないことは周りと協力してやる。
で、結局のところ、能力が給料を決めてしまうのではないか、と。
ここでいう能力、というのは、
簡単にすぐに代替要員が見つかるような仕事ではない、ということ。
別に、私が今やってる郵便局のゆうパックの仕分けなら、
他の人がやってくれても特に問題なく回っていくわけです。
ところが、医者とか弁護士とかはそうはいかない、と。

あー、と思いました。
おぼろげながらに思っていた、医者、弁護士、資格、学歴、などが
いろいろとつながってきました。

一時期は専門バカとかいろいろと言われた時期もありますし
今もその傾向はまだ強く残っていると言わざるを得ませんが、
しかし社会が成熟するにつて、
その専門性の評価が見直される時代が来ると思います。
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。