HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記 at Uni  »  年齢のふしぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢のふしぎ

教育実習に行ってきました(去年、笑)
私立の場合、公立と違い、先生は基本的に同じ学校で勤めあげます。いわゆる終身雇用の典型例でしょうか。

そこで、自分自身が中1のときにお世話になった先生がいます。今から約15~10年前の話です。その当時で40代後半、卒業時には50台前半だったでしょう。さらに当時担任してもらっていた先生が指導教官ということで私にメインでついてくださいました。その先生は10年前で40前でした。

で、10年後の去年。その当時50ちょいだった先生はもうまもなく定年という年齢、60歳を超えられ、その当時40だった先生は50手前になっていました。
しかし、自分にとってはまったくその面影は感じませんでした。今60代の先生は50歳に見え、今50歳の先生は40歳の先生に見えました。

話しは変わりますが、一時一世を風靡した爆笑問題も、51と52歳だそうです。ダウンタウンも53歳。明石家さんまなどもう61です。
自分の中ではまだ皆40代です。

でも、これを今の小学生や中学生は、今の年齢でそのままその人たちを眺めるんだろうな、と。
つまり、ダウンタウンや爆笑問題は、自分の小中学生のときの明石家さんまのように見え、
明石家さんまは自分の小中学生の時のみのもんたや久米宏のように見えてるんだろうな、と。
見る人によって、まったく同じものを見ているはずなのに、若く見えたり年相応に見えたりするんだろうな、と考えるわけです。

となると、これこそ結婚にある意義ではないかと思ったり。すなわち、
自分が結婚するときのねんれいの記憶がある状態で60歳、70歳、80歳を迎えると。
何も知らない人は、70歳のときに出合えば単に70歳のじいさん。
でも、過去を知っている人には70には見えてないんでしょうね。
おそらく、昔の思い出というフィルターを通してみるので、もう少し若く見えているはず。
自分の父親も60ですが、まだ40代そのものだと思っていますが、どうなんでしょうか。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

久米さんです

Author:久米さんです
最近勉強が楽しくなってきた27歳男。
明星大学通信教育部通学中。

この4月から兵庫県にある私立高校勤務予定。

くめさんです。久米ひろしさん本人とは似て非なるまったくのでたらめです。

ワンクリックしてほしいです

理科教育 ブログランキングへ


教育問題・教育論 ブログランキングへ

facebook

無料アクセス解析
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内ランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。